保守分裂「小池氏vs.増田氏」共同会見で静かな火花     宇都宮氏は出馬を撤回


 14日の東京都知事選の告示を前に、有力候補者4人を招いての「東京都知事選候補者・共同記者会見」が13日、東京・千代田区の日本記者クラブで開かれた。「保守分裂」選挙となる自民の小池百合子・元防衛相、増田寛也・元総務相(自民・公明推薦)の両候補は討論を通して静かな火花を散らせ、野党4党統一候補として出馬するジャーナリスト鳥越俊太郎氏は自らの体験をもとに公約として「がん検診100%」を掲げた。前回選挙で共産・社民の推薦を受けた宇都宮健児・元日弁連会長は「現段階」では出馬の意思に変わりはないとしたものの、会見終了後に出馬取りやめの方針を明らかにした。

 

保守分裂「小池氏vs.増田氏」共同会見で静かな火花 宇都宮氏は出馬を撤回


【写真】「後出し」「分裂選挙」都知事選の歴史を振り返る

「冒頭解散」発言をめぐり応酬

「気になるのは都議会の冒頭解散という主張です。自民党都連とか、それを都議会のボスが支配しているというのは自民党会派の中というか都連の中のことだと思うんです。知事と都議会という二元代表制のもとで、いきなり解散という形で議論を提起していくと、ただでさえ遅滞している都政の課題がさらに遅れ、停滞と混乱がさらに継続してしまう」

 主催者側による4候補への個別質問に続いて、各候補が他の3候補のうち1人を指名して質問するという形式に移った際、増田氏は「保守分裂」の相手候補の小池氏を指名。小池氏の公約である「冒頭解散」に疑問を投げかけ、「きちんとした議会との対話、緊張感のある議論を議場を中心にやっていくべきではないか」と主張した。

 これに対し小池氏は「都知事選において都議会との関係がこれほどクローズアップされたことはなかったのではないか」と切り出し、「その意味では言葉足らずの部分はあったかもしれませんが、冒頭解散というのは大変ショックな(選挙戦の)スタートになったかと思います」と述べた。

 続けて小池氏は自民党都連に批判の矢を向け、こう訴えた。

「都連の一員になってからさまざまな決定が、結果が出た後に知らされるということが多かったし、私は都連の会長代理ですが重要な会議に呼ばれないこともしばしばでした。そうしたデュープロセスの不透明さは何度も指摘してきました。そこと喧嘩してどうするんだということですが、(都連が推薦した)猪瀬氏、舛添氏の相次ぐ途中辞任はまた何かのきっかけで起こる可能性は十分にあると思います。ここ(都連)に的を当てて考えないと同じ事を繰り返すことになる。声は上げないけれども同じ考えを持っている人はほかにもいるはずです」

「なぜ、私ではなかったのか?」

 小池氏は自らが質問側になった際には増田氏を指名し、保守候補の「直接対決」の様相に。「前回の知事選挙では自民党を除名されたのに世論調査の支持率が高いという理由から、(都連は)舛添氏を推薦した。現職の国会議員が出馬したら補欠選挙をしなければならないのでダメということだった」と振り返った後、増田氏に「私は除名されていない現職議員として今回の知事選に手を挙げたのに、どうして(都連の推薦は)私ではなかったんでしょうか」と問いかけた。

 増田氏は戸惑いの表情を浮かべながらも「自民党側の事情は十分承知してはいませんが、私が出馬を表明したのは区市町村長との対話を積み上げ、その上で山積する都政の課題を円滑に遂行していこうと考えたから」とし、「小池先生の冒頭解散というのは都議から職を奪ってしまうことになります。お叱りいただくかもしれませんが、やられていることは『劇場型』のような感じがいたします。そういうところが皆様方の判断につながったのではないか」と答えた後、詫びるかのように深々と頭を下げた。

 小池氏は司会者に制止されながらも即座に「一つだけ言っておきますが、区市町村のいろんなイベントは都連が準備したものですよ」と言い返した。

鳥越氏は「がん検診100%」公約に

 一方、野党側の2人のうち宇都宮氏は12日夜、鳥越氏と会談した後に出馬辞退に含みを持たせる発言をしたものの、この日の会見では辞任の可能性を否定。「昨日も現在も、鳥越さんはこれから政策を作成するということで、(昨晩は)出馬の思いはうかがいましたが、政策は明確なものがありませんでした。基本的に出馬の意思は変わりません。鳥越さんを支持する野党4党に政策協定があるのかも不透明」と語っていたが、13日夜になって野党候補の一本化を目指す動きに同意し、出馬撤回を決意したとみられる。

 一部では「究極の後出しじゃんけん」と評されながらも抜群の知名度を誇る4野党統一候補の鳥越氏は会見の冒頭、「がん検診100%」と手書きしたボードを示し、「日本では2分の1の人ががんにかかり、3分の1の人ががんで亡くなっています。この状況を少しでも改善するため現在は30%の受診率をせめて50%に、最終的には100%に高めたい」と訴えた。

 他の候補を選んで質問する場面では、自公の推薦を得た増田氏を指名。同氏が総務相時代に行った、都税収入を地方交付税として配分する政策に疑問を呈した。

(フリー記者・本間誠也)

 

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
検索フォーム
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

みーちゃん&たーちゃん

Author:みーちゃん&たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別  : 男性
血液型  : A型
職 業  : 会社員
出身地  : 栃木県

みーちゃん&た-ちゃんが、気になった情報をアップしていきます。
時事ネタ、政治・経済、芸能、スポーツ等々・・
暇つぶしに訪問していってネ!

☆宜しくお願いいます。(^_-)-☆

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク