ポスト清水富美加は誰? アイドル評論家は女優3人挙げる




公開を目前に控えた映画3本に加え、CM2本、レギュラー番組2本、ドラマ1本……。今回の引退騒動によって売れっ子ぶりが明らかになった清水富美加(22)が、若手女優の中で頭ひとつ抜きん出た存在だったのは間違いない。

「実にもったいない。惜しい逸材でした」と肩を落とすのは、作家でアイドル評論家の中森明夫氏。清水の出世作であるNHK朝ドラ「まれ」の放送が始まった直後の15年5月、NHKのラジオ番組で共演した際の彼女の印象をこう続ける。

1234567890.jpg


正統派美人のビジュアルもさることながら、とにかく頭の回転が速い。番組は出演者がそれぞれ好きな本を持ち寄って、決められた時間内でその魅力をアピールする『ビブリオバトル』の公開生放送だったんですが、辛酸なめ子や山里亮太、光浦靖子といったひと癖もふた癖もあるメンバーの中でも臆することなくトークできる若手はそうはいない。

彼女は伊坂幸太郎の『バイバイ、ブラックバード』を紹介しましたが、発言の端々から相当な読書家だと感心したのを覚えています。周囲への気配りも忘れなかった。今から思えば、繊細な心の持ち主だけにいろいろと抱え込んでしまったのかもしれません。

スタッフ受けの良さも評判だった。一緒に仕事すると骨抜きになる人は少なくなかったようで、楽屋に用意されたコンビニのサンドイッチでも物凄くうれしそうにパクついていた。それだけカネに困っていたのかもしれませんが、擦れていない可愛さがありました。(某テレビ局AD)。


■共通項はMCも担えるトーク力

まあ、それだって生き馬の目を抜く世界である。では、ポスト・清水富美加となり得る女優は誰か。

森川葵と吉岡里帆。それに松岡茉優が続くといった構図でしょうか。3人に共通するのは、本籍・女優なのに、MCも担えるトーク力や空気感を持ち合わせていること。

なかでも、森川は小映画に出演し着実に演技力を身に着けてきた。大手事務所に所属しており、バックアップが期待できる。吉岡は朝ドラ女優であり、今クールの話題作である『カルテット』でも存在感を発揮している。今後が非常に楽しみですね。(前出の中森氏)

果たして、誰が抜け出していくのか。



テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

≪テレ朝 土曜ワイド劇場≫40年の歴史に幕を降ろす。新たに日曜朝にドラマ枠新設するようだが、その狙いとは?




テレビ朝日が、4月から土曜午後9時の「土曜ワイド劇場」の枠をなくすことを発表した。

テレ朝は、新たに日曜日の午前10時にドラマ放送枠「日曜ワイド」を新設。

「土曜ワイド劇場」で放送している高橋英樹主演の「西村京太郎トラベルミステリー」や片岡鶴太郎主演の「終着駅シリーズ」などの人気シリーズや新ドラマを放送するという。

tvasahi.jpg


また、4月から「土曜ワイド劇場」の放送枠では、フリーアナウンサー高島彩がキャスターを務める報道情報番組「サタデーステーション」をスタートさせる。

連ドラマ化前の「相棒」や「家政婦は見た!」などを放送。「土曜ワイド劇場」は、1977年の7月から40年近く続く“2時間ドラマ”枠。

過去には、「相棒」や「家政婦は見た!」など後に連続ドラマとしてヒットを飾った作品も多々ある。テレビ誌編集者は語る。

いわゆる“F2層”や“F3層”と呼ばれる30代半ばから50歳以上の主婦層をターゲットにミステリーやサスペンス作品を世に放ち、長きにわたって愛され続けてきました。

『土曜ワイド劇場』の人気を受けて、80年代前半には日本テレビさんが『火曜サスペンス劇場』をスタートさせるなど他局も追随。“2時間ドラマ”ブームが巻き起こりましたが、『土曜ワイド劇場』がブームの火付け役になったのは間違いありません。

テレ朝にとっては功績著しい「土曜ワイド劇場」だが、なぜこのタイミングで終了し、新たに日曜日の午前10時にドラマの放送枠を設けることにしたのか?

芸能評論家の三杉武氏は、視聴者の視聴習慣の変化と昨年11月から発表されはじめた「タイムシフト視聴率」の影響を推測する。

昨年11月から導入されたタイムシフト視聴率の影響も?

11月から視聴率調査会社の株式会社ビデオリサーチは、従来の視聴率に加えて、録画再生で見られた「タイムシフト視聴率」を反映した「総合視聴率」を発表。

これまで視聴率といえば、放送と同時に番組を見た視聴者の割合を示す「リアルタイム視聴率」だったが、新たに録画を7日以内に視聴した推定値である「タイムシフト視聴率」も反映した「総合視聴率」のランキングも明らかにしている。

いまだに根強いファンを持つ『土曜ワイド劇場』ですが、その一方で視聴者の中にはリアルタイムで見ず、DVDやビデオなどで録画して放送後に見る人も多いのが実状です。

ただ、テレビ局サイドとしてはCMスポンサーのウケを考えると、視聴者には“リアルタイム視聴”を望む傾向が強い

なぜなら“録画視聴”だと、視聴者がCMを見ずに早送り機能などで飛ばしてしまうイメージがあるからです。

その点、新たに同枠でスタートする情報番組は、番組の特性上、視聴者のほとんどは“リアルタイム視聴”することが予想されますからね」(三杉氏)

また、前出のテレビ誌編集者もこう語る。

「娯楽の多様化やインターネットの普及などにより、テレビ離れが叫ばれる昨今。テレビ業界では、『タイムシフト視聴率』を反映した『総合視聴率』が発表されるようになって、かえって“リアルタイム視聴”の重要性がより意識されてきています。

今後、高視聴率を期待できるゴールデンタイムにおいては、そうした側面をより意識した番組編成がなされていくでしょう。とはいえ、もちろんリスクも大きい。安易に“リアルタイム視聴”を求めて、情報番組やバラエティー番組を増やした結果、視聴者にソッポを向かれなければいいのですが…

40年の歴史を誇る「土曜ワイド劇場」も、テレビを取り巻く時代の流れには勝てなかったのか。



テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

タレントの松本伊代が鉄道営業法違反の疑いで京都府警に書類送検された!!




鉄道営業法違反の疑いで10日に京都府警に書類送検された歌手でタレントの松本伊代(51)が11日、名古屋ブルーノートでのライブ前に取材に応じ、「本当にご迷惑をおかけして、反省しています」と頭を下げ、謝罪した。書類送検翌日のライブ開催。「コンサートを開催できるか不安で…」と涙を流し、夫で所属事務所社長のヒロミ(51)にも「すごく怒られた」と明かした。

matumotoiyo.jpg


伊代はこの日、名古屋ブルーノートで午後4時と7時から2ステージのライブを行う。取材に応じたのは午後3時ごろ。「今回のことで、私の軽率な行動をとってしまったということで、関係者の皆様にご迷惑をたくさんおかけしてしまって、改めて事の重大さを感じて、関係者の皆様、スタッフの皆様に本当にご迷惑をおかけしたと思っています。反省しています」とまず陳謝。

「今日もコンサート開催にあたって、不安で…昨日まで(ライブに)来れるのか…分からなくって」と話すと、涙を流した。

伊代は1月14日のブログで、早見優(50)と線路上を歩く写真を掲載(※現在は削除済み)し、ネット上で批判が殺到。1月下旬に京都府警右京署が任意で2人に事情聴取し、無許可で線路内に立ち入った鉄道営業法違反の疑いで10日に2人を書類送検した。

無断で線路内に入ったことについて「(罪になるとは)一切思わなかったです。その時。今思うと不謹慎なんですが、全くそのことに気付きませんでした」と明かし、「本当にすみませんでした」と頭を下げ、「軽率な行動」を詫びた。

伊代と夫で所属事務所社長のヒロミは10日夜、それぞれブログを更新。「事の重大さを改めて深く感じております」、ヒロミも「夫でもあり、所属事務所の代表でもあります、私も責任を痛感しております」と謝罪した。



テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

色褪せない【宝塚ブランド】 卒業生の進路も多様化の一途をたどっている。




“元・宝塚”という冠は、大地真央や真矢みき、黒木瞳といった女優に対してのみ有効な称号かと思いきや、近年は紫吹淳や遼河はるひなどがバラエティ番組で活躍していることからもわかるように、多様化の一途をたどっている。

そんな中、好発進したNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』(毎週日曜 総合午後8時~ほか)の第3話で、今川家家臣の関口氏の妻・佐名役として登場した花總まりも、ネットでは早くも「佐名姫の女優さんめっちゃ着物が似合う美人な方」などと評判を呼んでいる。

宝塚時代は13年に渡り“女帝”として君臨していただけに、偉大な先人たちと同じくブレイクが期待されているようだ。

RSZ_20150226000402.jpg


◆元宝塚という“特殊性”と“浮世離れ”感を武器に、バラエティでも需要拡大

元・宝塚ということで言えば、これまでにも輝かしい実績を引っ提げて女優デビューを果たした先輩たちが多くいる。

男役で言えば、大地真央、真矢みき、涼風真世、真琴つばさ、天海祐希など、娘役では八千草薫、朝丘雪路、浜木綿子、小柳ルミ子、黒木瞳、檀れい、はいだしょうこなど、新旧名立たるスター女優たちが目白押しだ。

一般人から見れば、宝塚自体が社会から隔離されたかのような神秘のヴェールに包まれ、“女の花園”のイメージもあることから、“元・宝塚”というだけで何となく特殊性やカリスマ性を感じてしまう部分がある。

そうした注目度である種の“アドバンテージ”を獲得しているうえに、実際彼女たちには一様に宝塚で鍛えられた演技力や歌唱力、表現力が備わっており、すでに初めから“スター性”が賦与されているとすら言えるのかもしれない。

また、宝塚音楽学校時代から首席であり、元・花組トップスターの蘭寿とむにしても、舞台やドラマの女優業のみならず、ソロ歌手デビューも果たしている。

最近は紫吹淳や遼河はるひらのように、世間からズレた“浮世離れっぷり”の言動がウリとなって、バラエティ番組にまで進出しているのである。今や“元・宝塚組”の活躍の場は非常に多岐にわたっているのだ。

さらに言えば、漫画やアニメの原作を舞台化した今の“2.5次元”ブームにしても、宝塚こそが“元祖・2.5次元ミュージカル”であり、1974年の『ベルサイユのばら』初演以来40年以上に渡り、現在のエンタメ界の人気コンテンツに与えている影響は計り知れないものがある。

そういった意味では、元・宝塚という“絶対的ブランド”と信頼があるからこそ、ドラマやバラエティ、舞台でも、視聴者や観客は安心して作品を観ることができるし、制作側もある程度の数字が見込めるという“ウイン・ウイン”関係が成立していると言えるだろう。


◆13年トップに君臨した“女帝”花總まり、退団後はマネージャーに転身した異色女優

先述の花總まりも1991年、第77期生として宝塚歌劇団に入団。元・宝塚歌劇団雪組・宙組トップ娘役として活躍し、同期には安蘭けい(元星組トップ)や朝海ひかる(元雪組トップ)などがいる。

1993年には早くも初ヒロインを演じ、1994年には『風と共に去りぬ』で主演のスカーレット・オハラ役を務めるなど、13年もの長期にわたりトップとして活躍したことから“女帝”と呼ばれた。

2006年に宝塚を退団した後、2010年に舞台復帰するとミュージカルを中心に活動してきたが、今回の『直虎』では満を持してテレビドラマデビューを果たすことになる。

2010年に舞台復帰するまでは相手役(男役)だった和央ようかのマネージャーをしていたという経歴もあり、ある意味“遅咲きジェンヌ”とも言われるが、それだけに本人のオフィシャルブログでも、「いよいよ明日、登場します(大河ドラマ) 久しぶりの和物、気持ちが引き締まり楽しかったです」と気合いの入った様子を見せていた。

そして何よりも、花總は現在43歳とは思えないほどに若々しく、大河出演者の中でも飛びぬけて着物が似合う“和風美女”。同じ宝塚出身者で言えば檀れい的な匂いも放ちながら、その凛としたたたずまいや視線、声の調子といった細やかな演技から漂う迫力は、さすが元・宝塚トップ女優といった貫禄がある。

花總は井伊直平の娘・佐名役で、井伊が今川に服属した証しとして駿府に人質として送り込まれるという、井伊家に対して屈託を抱えている役どころ。

さらには今川家に嫁いだ後、徳川家康の正室となる瀬名・築山殿(菜々緒)を出産するというのだから、ドラマでもポイントとなる役どころであることは間違いない。

今回の大河ドラマ以外でも、綾瀬はるか主演のNHK大河ファンタジー『精霊の守り人』シーズン3(11月放送)への出演がすでに決定しているという花總まり。

“遅咲きジェンヌ”と言われようが、これまでの先輩たちのように“元・宝塚”の金看板を背負っているだけに、今作でも確かな爪あとを残してくれるだろう。



テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

フリーエリア
検索フォーム
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

みーちゃん&たーちゃん

Author:みーちゃん&たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別  : 男性
血液型  : A型
職 業  : 会社員
出身地  : 栃木県

みーちゃん&た-ちゃんが、気になった情報をアップしていきます。
時事ネタ、政治・経済、芸能、スポーツ等々・・
暇つぶしに訪問していってネ!

☆宜しくお願いいます。(^_-)-☆

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク