【AKBが大ピンチ!?】未来のエースになりそうな『大和田南那』他が次々に卒業発表し・・・




AKB48が結成されてから11年。長年グループを牽引してきた総監督の高橋みなみのほか、小嶋陽菜、島崎遥香といったグループの功労者たちが相次いで卒業し、2016年はAKBにとって別れの年になった。

その中で、ファンの間でささやかれているのが、AKBの世代交代。グループを引っ張っていけるような若手メンバーの育成が急務だ。しかし、その“未来のエース”が、最近相次いでグループ卒業を発表している。これは、AKBの危機を意味する!?

maxresdefault (2)

AKBの次期エースだったのに
AKB48の大和田南那が11月末に、西野未姫は12月中旬に卒業を発表した。ともに17歳、高校2年生での卒業はあまりにも早すぎるといった印象だ。

大和田は2013年、15期生としてグループに加入。メンバーの中でも指折りのルックスを武器に次期エースとの呼び声も高く、2014年に放送されたAKBメンバー出演のドラマ「セーラーゾンビ」(テレビ東京)で主演起用されるなど、運営からの期待も大きいメンバーだった。16年の選抜総選挙では61位。

また、西野は2012年に14期生として加入。芸人顔負けのリアクションに定評があり、たびたびバラエティ番組に出演していた。また、同期の小嶋真子・岡田奈々とともに「三銃士」と称され、将来のAKBの中核を担う存在と目されていた。

しかし、16年の選抜総選挙では先述の三銃士の小嶋(19位)、岡田(14位)が上位ランクインする中で、西野は62位と苦戦を強いられている。

2人の卒業について、ファンの間では「クビでは?」という声も上がっている。大和田、西野の両者は2016年10月にニコニコ生放送で配信された「文春砲Live」にて若手俳優とのダブルデートが報じられた。いわゆる、文春砲を食らったわけだ。恋愛禁止のタブーを破りグループ内で干されて事実上の解雇、というのがファンの中での大方の見方となっている。

NMBのエース候補も
先日のNHK紅白歌合戦でのAKB48の出場メンバーを一般投票で決める企画「紅白総選挙」において1位となった山本彩をはじめ、支店最多の11人(48人中)がランクインしたNMB48。

そのNMBの次期エースとして期待されていた薮下柊も卒業を発表した。今年3月の高校卒業に合わせ芸能界を引退、今後は学業に専念するという。

2012年に3期生として加入して以降、グループの中心メンバーとして活躍し去年6月の選抜総選挙では39位にランクイン。次期エースとの呼び声も高かった薮下の卒業は、ファンにも大きな衝撃を与えた。

NMB48は、山本彩という絶対的なエースの存在が大きい。事実、昨年の選抜総選挙で16位までの選抜メンバーにランクインしたのは、4位の山本のみ。

また、昨年8月にエースの山本以外のメンバーで行ったコンサート「NMB48コンサート2016 Summer いつまで山本彩に頼るのか?」では、通常完売となっていたチケットが売れ残るという結果に。

コンサートのタイトル通り、山本に頼らないグループの未来を占うコンサートだったが、思惑とは裏腹に山本の人気ぶりを証明する結果になってしまった。それだけに薮下の卒業はなんとも痛い。

AKB48の公式ライバルとして誕生した乃木坂46が初ミリオンを達成、乃木坂の妹グループ・欅坂46が紅白出場など、まさに“上り坂”を駆け上がっている坂道グループ。

それに対して、AKBのみの出場となった紅白など、48グループは人気に陰りが見え始めたような印象だ。とはいえ、先輩であるAKB48が、乃木坂や欅坂の活躍できる礎を築いた本家大本であることは間違いない。

今後、残された若手メンバー達でどんな巻き返しを見せるのか。2017年はAKB48グループの正念場といえそうだ。



テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

≪お笑いタレント狩野英孝≫ 謝罪会見(一時間越え)実施された。




20日発売の写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)で女子高生との淫行疑惑が報じられたお笑いタレントの狩野英孝(34)が21日、東京都内で1時間強にわたり、会見を行った。

狩野は「ご迷惑をお掛けし、本当に申し訳ございません」と深く頭を下げ、謝罪。仕事のキャンセルが相次ぎ「みんなに迷惑を掛けた」と涙ぐんだ。

今回の騒動については「情けない。人として反省しなきゃいけない」と心境を吐露。相手女性との男女の関係については明言を避けた。所属事務所は「(二股騒動があった)昨年からの生活態度も含め」謹慎処分にすると発表した。

20170121hochi061_0.jpg


狩野は相手の女性とは「22歳として知り合いました。その後、友人関係となり、2人で会うこともありました」とし「10代と打ち明けられ、自分も驚き、友人関係をやめました」。女性の父親にも会い、直接謝罪。「お父様からは、うちの娘が迷惑かけて申し訳ないと言っていただいた。彼女からも、何があっても狩野さんのことは応援しますと温かい言葉を頂きました」と明かした。

相手の女性と交際していた認識でいいか?の質問には「はい。恋愛感情はありました」としたが、肉体関係があったかについては「それは申し上げられない」と明言を避け「遊びに来たりはあったが」半同棲は否定。。条例違反については「法律は詳しくないので」とし、最後まで男女の関係については明かさなかった。

会見に先立ち、所属事務所は「狩野英孝のプライベートなことで、お相手の方、ファンの方、関係者の方にご迷惑を掛けして、大変申し訳ありません。今回の件だけでなく、(二股騒動があった)昨年からの生活態度も含め、謹慎処分にさせていただきます」と説明。謹慎が発表された。

狩野は復帰時期については「分からない」としたが「しっかり反省して、みんなが変わったねと言うくらいになりたい」と生まれ変わることを誓った。会見は1時間6分に及び、最後は狩野が「皆さん、すみませんでした」と頭を下げて終了した。

狩野は2011年に一般女性と結婚したが、不倫疑惑を報じられるなどして14年9月に離婚。昨年は歌手の川本真琴(43)とタレントの加藤紗里(26)との二股疑惑が浮上。その後、交際中と名乗る女性が次々に現れ、六股騒動にも発展した。

今回の淫行疑惑を受け、レギュラー出演しているBSフジ「東北魂TV」(日曜後11・00)の22日放送分が放送休止。同じくレギュラー出演しているNHK Eテレ「未来広告ジャパン!」(水曜前9・35)も放送、配信停止が発表されている。



テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

名脇役として知られた【俳優・神山繁】さん逝去。ご冥福をお祈りいたします。




テレビの人気ドラマ「ザ・ガードマン」(1965~71年)や、「踊る大捜査線」シリーズ、映画「アウトレイジ ビヨンド」などに出演し、名脇役として知られた俳優・神山繁(こうやま・しげる)さんが今月3日に肺炎のため京都市内の自宅で亡くなっていたことが16日、分かった。87歳。

150dbd6f.jpg

所属事務所の佐々木寿美映社長によると、今年元日には電話で年始のあいさつを交わした際は元気な様子だったが、3日に容体が急変し、帰らぬ人となった。

神山さんに子供はおらず、妻が最期を看取った。苦しむ様子はなかったという。神山さんはきょう16日に米寿(88歳)の祝いを迎えるはずだった。

佐々木社長によると、神山さんは生前「たまに思い出してくれればいい。亡くなったら、ただのカルシウムだよ」と話していたそうで、「葬式無用、戒名不要」と伝えていた。葬式は行わず、近親者のみで見送った。「お別れの会」なども故人の意向で一切行わない予定という。

神山さんは昨年1月、間質性肺炎を発症。自宅で静養していたが、同3月、京都市内の病院に入院。5月に退院し、その後は自宅で療養を続けていた。

神山さんは海軍経理学校出身。趣味は陶器などの美術鑑賞で、英語も堪能だった。ハリウッド映画「ブラックレイン」(89年、リドリー・スコット監督)にも出演。07年にはNHKの教育番組「英語でしゃべらナイト」に最高齢で出演している。

1952年、文学座に入り、演出助手の後、俳優に。75年に演劇集団「円」の旗揚げに加わった正統派の新劇俳優。気骨があり、地位も品もある役柄を多く演じ、重厚な演技で知られた。

最後に出演したのは北野武監督の「アウトレイジ ビヨンド」(12年)。ドラマはNHK連続テレビ小説「マッサン」(14年9月~15年3月)に和尚役で出演したのが最後となった。



テーマ : 芸能界のニュース
ジャンル : アイドル・芸能

超小型衛星の可能性広がるか?JAXAの世界最小級ロケットが鹿児島県の宇宙空間観測所から打ち上げられる。




衛星用では世界最小級のロケット「SS520」4号機(全長9.5メートル、重さ2.6トン)が15日朝、東京大の超小型衛星(約3キロ)を搭載し、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられる。宇宙航空研究開発機構(JAXA)は民間企業がこの成果を生かし、小さく安いロケットを開発して超小型衛星の打ち上げビジネスを目指すことを期待する。


 ―超小型衛星は役に立つの。

コンピューターや携帯電話と同様に、人工衛星も小さく安く作れるようになった。非軍事で最小級の衛星は箱形で10センチ角のキューブサット(約1キロ)。2003年に初めて、東大や東京工業大など4カ国6個の衛星がロシアから打ち上げられた。今回の東大の衛星もその流れをくむ。

通信・放送や気象観測などの衛星は長期間、安定運用できる大型が主流だが、インターネット通信や農地の撮影などが目的の場合、小さめの衛星を次々に打ち上げて交代させる方が安い。

hqdefault.jpg

―従来の打ち上げは。

 大型衛星用ロケットへの相乗りや国際宇宙ステーションからの放出が多いが、打ち上げ時期や地球周回軌道を自由に決められない。小型ロケットならコストは上がるが需要に応じて決められる。


―昔の小さなロケットは使えないの。

日本のロケット開発は東大のペンシルロケットから始まり、H2B(全長56.6メートル、重さ531トン)まで大型化した。1970年に日本初の衛星おおすみ(24キロ)を打ち上げたL4Sでさえ9.4トンある。

一方、機体先端に観測・実験装置を積んで弾道飛行する小型の観測ロケットが内之浦や南極、ノルウェーで運用されてきた。

固体燃料の2段式ロケットSS520は98年に1号機が打ち上げられたが、当時から第3段を追加すれば衛星打ち上げが可能と言われた。4号機で実現したJAXAの羽生宏人准教授は「改修は難しかったが技術が進み、できるようになった」と話している。


―ビジネスの見込みは。

4号機が衛星を投入できる軌道は限られる。多様な軌道に投入するには機体をある程度大きくしなければならない。ニーズとコストのバランスを取り、信頼性を上げる必要がある。

JAXAの観測ロケットはIHIエアロスペースが製造しているが、ベンチャー企業の「インターステラテクノロジズ」(北海道大樹町)も独自のロケット開発を進めている。



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

≪トヨタ自動車≫今後5年間で米国に1兆円超を投資へ・トランプ氏の発言受け豊田社長が発表した。




トヨタ自動車の豊田章男社長は9日、ミシガン州デトロイトで開幕した北米国際自動車ショーでの記者会見で、今後5年間で米国に100億ドル(1兆1600億円)を投資すると発表した。
noimage.png
またトヨタが過去60年間にわたって220億ドルの投資を重ねてきたことも強調。トヨタが米国経済に貢献してきたことをアピールした。

トヨタをめぐってはトランプ次期米大統領が5日、トヨタがメキシコで着手した新工場の建設計画について「ありえないことだ」と批判し、米国での生産を求めたばかり。トランプ氏の批判後に豊田社長が記者会見するのは初めて。

豊田社長は具体的な米国への投資の内容は明らかにしていないが、トランプ氏が求める米国での雇用創出にも力を入れることを改めて表明したかたちだ。トヨタはメキシコでの新工場建設計画も維持するとしている。

一方、トランプ氏は9日、欧州自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が8日に米国内の工場の生産能力拡大に10億ドルを投じると発表したことについて、ツイッターに「ついに実現した」と投稿。

米自動車大手フォード・モーターが3日にメキシコでの新工場建設を撤回すると発表したことにも触れ、「フォードとフィアット・クライスラーに感謝!」と述べた。



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

フリーエリア
検索フォーム
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

みーちゃん&たーちゃん

Author:みーちゃん&たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別  : 男性
血液型  : A型
職 業  : 会社員
出身地  : 栃木県

みーちゃん&た-ちゃんが、気になった情報をアップしていきます。
時事ネタ、政治・経済、芸能、スポーツ等々・・
暇つぶしに訪問していってネ!

☆宜しくお願いいます。(^_-)-☆

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク