≪ロックバンド、THE 虎舞竜の高橋ジョージ≫ 現在、孤独な一人暮らしで、毎日が怖いとのこと




3月に女優、三船美佳(33)と協議離婚したロックバンド、THE 虎舞竜のボーカル、高橋ジョージ(58)が31日放送のテレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間SP」(後7・0)に出演。

離婚に至った原因や孤独な一人暮らしの恐怖などをテーマに、長年連れ添った妻と熟年離婚をしないための授業を行った。

takahashi-mifune-300x205.jpg


「モラハラ」の言葉を世に知らしめた離婚から7カ月。高橋は「彼女が嫌になって出て行ったのは事実」と冒頭で語ると、「出て行く寸前まですごく幸せでした。離婚は突然やってくる」と力説した。

そもそも離婚に至る原因を自分の性格だと話し、少年時代に両親の離婚や放火犯に疑われた経験をしたことで、世間をうらみ続ける性格になり、結果的に強烈にしつこい性格になったと分析した。

高橋が40歳のときに16歳の三船と結婚。当時について「(年齢が)24歳も離れていたら、けんかにならないだろう」と考えていたことを明かした。

その後、高橋は仕事が激減するも、三船と夫婦そろってバラエティー番組に出演したことをきっかけに、夫婦共演のオファーが殺到した。

これが「離婚ロードの始まり」と切り出すと、「彼女はいろいろ言うけど、1回も文句は言わなかった。

2012年にアメリカロケに行った時にとうとう彼女が我慢の限界だった」と明かし、「(ロケ中に)ひどい冗談を言ったら彼女が不機嫌になった。

その日の夜に『今日、私はあなたと本気で離婚しようと思った』と言われた」と振り返ったが、当時は冗談だと思って相手にしなかったという。

「思えば、これが最初の(離婚への)サイン。冗談として流して、原因を反省しなかった」と分析。

結局、翌13年のクリスマスに、三船は娘と愛犬を連れて家を出て行ってしまった。

高橋は「彼女の精神的成長をなめていた。自分の方がずっと大人だと思っていた。

精神面では女性にかなわない。家では謙虚に生きましょう。男はもっと奥さんのことを知る努力をしよう。離婚のサインが出たときは遅い」と世の男性に訴えた。

続けて、離婚後の孤独な一人暮らしについて「異性との出会いがない。(孤独死が恐くて)毎日、風呂に入るとき怖い。

子供に会えない寂しさは想像を絶する」などと、実際に味わった“恐怖体験”を語った。



≪タレントの西田ひかる≫ 安倍晋三首相とはメシ友で、誕生会にも来たそうである。




タレントの西田ひかる(44)が、安倍晋三首相(62)との意外な関係を告白した。

西田は28日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」に出演。清純派のトップアイドルとして活躍していた当時の恋愛事情について語った。

恋愛スキャンダルには無縁だった西田。芸能人との交際経験はないとのことだが、普通にアメリカンスクールでグループ交際はしていたという。

全部、事務所には言って。事務所も『結婚してほしくないわけじゃない』ということで、公認でみんなでご飯してと恋愛禁止ではなかったと明かした。

また、14~5年くらい前に開いた自身の誕生日パーティーに安倍氏が出席していたことを明かした。

俳優の坂上忍は「誕生日パーティーでしょ? 何つながりなの!?」とその関係に驚いたが、西田はそれ以前から安倍氏から食事の誘いが事務所を通して来ていたことを明かし、さらに驚かせた。

西田は安倍氏の妻である安倍昭恵夫人と親交があるらしく「奥さんとガールズランチをしていて、途中から晋三さんが…」と安倍氏との交流を明かし、ダウンタウンの浜田雅功から「あなた、バックに誰かついてるの?」と疑われたそうである。


≪自民党総裁任期延長≫ 「ポスト安倍」・・・戦略の再構築は必至の状況である。




自民党総裁任期が「連続3期9年」となり、「ポスト安倍」候補は2018年の次期総裁選で、安倍晋三首相と戦わなければ総裁の座を手にできない可能性が高まった。

石破茂前地方創生担当相や岸田文雄外相らは、「安倍首相退任後」の18年総裁選を念頭に雌伏を続けてきたが、政権を狙う戦略を練り直す必要が出てきた。


石破氏は26日、記者団に「形式的に瑕疵(かし)がない以上、異は唱えるつもりはない」と述べて延長への批判は抑えた。

岸田派の森屋宏参院議員も「党活性化には『次の人』たちのチャンスを奪ってはいけない。

3期9年がリミットと思う」と記者団に語り、延長に消極的な姿勢をにじませた。


延長を決めた26日の党会合に出席した衆参議員は56人だけ。

石破、岸田両氏や昨年の総裁選で出馬を断念した野田聖子元総務会長、延長に慎重姿勢を示した小泉進次郎農林部会長ら、ポスト安倍候補は姿を見せなかった。


「沈黙」の背景には、現職首相に弓を引くことのリスクがある。

閣僚・党役員の人事権を持つ現職首相が総裁選に臨めば勝利するケースが多く、敗北した前例は1978年の福田赳夫首相だけ。

99年には、小渕恵三首相に敗北した加藤紘一元幹事長がその後の人事で徹底して冷遇された。


岸田派内では「岸田氏は幹事長などの役職で全国を回り顔を売るべきだ」との声も根強い。

ただ、岸田氏は外相として首相を支え、「禅譲」を念頭に政権を目指してきた。

安倍首相と戦う可能性のある18年総裁選での去就は悩ましい。

「現政権が経済でこけたら、一挙に状況が変わるかも」(派閥幹部)と他人任せの声まで出る。


石破派の一人は「次は安倍対石破だ」と語るが、12年総裁選の地方票で安倍首相を圧倒した石破氏が、実績を積んだ安倍首相を相手に次も圧倒できる保障はない。


また、安倍首相が21年9月まで続投すれば、石破、岸田両氏が60歳を超える一方、小泉氏が40歳となり、世代交代の動きが活発化しそうだ。



≪元・レスリンクの女王 山本美憂≫ 一流アスリートの子育て術を披露。




元レスリングの女王・山本美憂(42)が24日放送の日本テレビ系バラエティ番組「有吉ゼミSP」(後7時)で、一流アスリートの子育て術を披露した。

番組では、美憂のトレーニングの様子を紹介。傍らでは、次男のアーノンくん(10)と長女のミーアちゃん(8)が美憂の父・郁榮さんから体操指導を受け、逆立ち歩きなどでバランス感覚を養うトレーニング。

練習後には山本家特製の“プロテインシェーク”を家族そろって乾杯した。3歳から飲むのが山本家のルールだという。

美憂は「自分で買い食い出来るようになるまで、家にお菓子がなかった」と説明。

居合わせた弟の山本徳郁(39)も、幼少期の食事は「ほぼ野菜とフルーツ」だったと、山本家の「食育」を明かした。


カナダ・トロントで生活している美憂一家。世界に通用するアスリートに育てるため、家の中の会話は基本英語ながら食事はほぼ鍋。ここでも山本家特製の「ちゃんこ鍋」で大量の野菜を食べるそうで「強い体を作る秘けつで、強くなれば自分を守れる。

人を助けられる」と持論を語った。スタジオでは、スポーツだけにこだわりはなく「好きなことをやってほしい。好きなことを見つけてやってほしい」と母親の顔をみせていた。


格闘技センスと身体能力はピカイチの長男・アーセン(20)は、先月25日にさいたまスーパーアリーナで行われた「RIZIN」では、タレント・あびる優(30)の夫でもある才賀紀左右衛門(27)と好勝負を繰り広げ、MMA2戦目にして初勝利を飾った。

美憂自身は、シュートボクシングの女王・RENA(25)との、世代を超えたツヨカワ(強くてかわいい)対決に敗れている。



≪SMAP 草なぎ剛≫ ソロ初仕事決まった!解散後のリスタートに一番乗り!




12月31日をもって解散するSMAPの草なぎ剛(42)が、1月スタートのフジテレビ系(カンテレ制作)連続ドラマ「嘘の戦争」(火曜、後9・00)に主演し、天才詐欺師を演じることが20日、分かった。

SMAP解散後の新規の仕事が決定したのはメンバーで初。同局系火曜ドラマ枠の主演は「いいひと。」(97年)から20年で、通算7作目となる。草なぎが、俳優として成長した自身にとって欠かせない場所からリスタートを切る。


ソロ活動の第一歩を役者として踏み出す。演技に定評がある草なぎが挑むのは、昨年の「銭の戦争」に続く復しゅう劇第2弾「嘘の戦争」。SMAPを離れての“初仕事”が決まった心境を「楽しいものが出来るんじゃないかと今からワクワク」と明かした。


テレビ朝日系「スペシャリスト」以来、1年ぶりの連ドラ主演作は、幼い頃に家族を殺された主人公・浩一が天才的な詐欺師となり、復しゅうに向かう痛快エンターテインメント。

相棒的な女性詐欺師、大企業会長の愛娘である女医との禁断の三角関係も描かれる完全オリジナル物語だ。


この日、10月上旬に撮影された詐欺師姿を初公開した草なぎは、11月中旬から海外ロケに出発。圧倒的な記憶力と虚言が武器の詐欺師を演じていく。


火曜ドラマ枠は思い入れが強い。97年4月に当時火曜夜10時枠だったカンテレ制作「いいひと。」で連ドラ初主演を飾り、“僕シリーズ3部作”でも主人公を演じた。

この枠は草なぎ剛ドラマヒストリーには欠かせない枠」と語る通り、今年10月から夜9時に移行した同枠での主演は今作で7作目となる。


俳優として飛躍してきた“場所”について「大げさな事をいうと、リスタートを切れたりという、僕の人生の節目といつもリンクしている。“初心忘れるべからず”ではないですけど、いつも何かに気付かせてくれたり、心を改めさせられたりと自分ではそういう機会を作ってくださっているように感じて、感謝の気持ちでいっぱい」と思いを口にする。

今作は解散後の初ドラマという巡り合わせとなった。


「いいひと。」から詐欺師へ。20年の成長をぶつける草なぎは、ウソがたくさんちりばめられているドラマ。

皆さんがドラマを見て、本当の真実を見つけてほしい。もしかして真実なんてひとつもないのかもしれない…なんてね。と意味深に呼びかけた。



フリーエリア
検索フォーム
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

みーちゃん&たーちゃん

Author:みーちゃん&たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別  : 男性
血液型  : A型
職 業  : 会社員
出身地  : 栃木県

みーちゃん&た-ちゃんが、気になった情報をアップしていきます。
時事ネタ、政治・経済、芸能、スポーツ等々・・
暇つぶしに訪問していってネ!

☆宜しくお願いいます。(^_-)-☆

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク