≪ベッキー≫ “裸一貫”の覚悟で再起にかける想い・・宝島社の新聞広告に登場・・





タレントのベッキー(32)が、29日の日本経済新聞朝刊(全国版)に掲載される出版社・宝島社の広告にモデルとして起用されたことが、明らかになった。

カラーの見開き広告で、上半身に何も身に着けていない“背中ヌード”を披露。「あたらしい服を、さがそう。」というメッセージを体現している。


今年の芸能ニュースの主役になったベッキーが、裸一貫の覚悟を示し・・・

商品名を打ち出さず、社会にタイムリーでエッジの効いた提言を投げかける同社の広告は、発表されるたびに話題にを呼んでいる。

今年1月に女優の樹木希林を起用した企業広告「死ぬときぐらい好きにさせてよ」は、今年の読売広告大賞グランプリをはじめ、多くの賞を受賞した。

今回のベッキーの広告も、賛否両論が飛び交い大きな話題を巻き起こしそうだ。


制作スタッフによると、ベッキーにリラックスした状態で撮影に臨んでもらうため、撮影場所に選ばれたのは太陽の自然な光が入り込む閑静な住宅街のスタジオ。

クラシック音楽を流し、スタッフを最少人数に抑えたアットホームな雰囲気の中、「メッセージに合った表情や動きを追求し、ベッキーさんとも相談を重ねて撮影をおこない、数あるカットの中からベストな1枚を選んでいます」と明かした。


フォトグラファーは、1960年代からロンドンでキャリアを重ね、日本のファッション写真を第一線でリードし続けてきた巨匠・与田弘志氏。各時代のセンスを撮り続けきたそのカメラで、ベッキーのありのままの姿をとらえている。


今回の広告は、メッセージと社名、そして斜め上を見上げる裸のベッキーの写真だけという、シンプルな内容。

同社は「企業理念として『人と社会を楽しく元気に』を掲げ、広告でもそのメッセージを発信したい」としているが、今回の広告について詳細な説明をしていないため、真意については受け取る側に解釈を委ねている。



NHKの来春朝ドラ『ひよっこ』ヒロイン父に沢村一樹・・追加キャスト10名発表された




NHKは26日、2017年4月3日から始まる連続テレビ小説『ひよっこ』(月~土 前8:00 総合ほか)の<故郷篇>に出演する追加キャストを発表した。

ヒロイン・谷田部みね子(有村架純)の父・実は沢村一樹、母・美代子は木村佳乃が演じる。沢村は朝ドラ初出演となる。


みね子の祖父・茂は古谷一行、実の弟でみね子の叔父・小祝宗男は峯田和伸(朝ドラ初)、みね子の幼なじみで親友の同級生・助川時子は佐久間由衣(朝ドラ初)、同じくみね子の同級生・角谷三男は泉澤祐希、時子の母・君子は羽田美智子、三男の母・きよは柴田理恵、時子の父・正二は遠山俊也(朝ドラ初)、みね子たちが通学に使うバスの車掌・益子次郎は松尾諭が演じる。


発表会見に出席した沢村は「僕は朝ドラ初めて参加します。

NHKさんにはお世話になっていますが、せりふをいただくのは(『サラリーマンNEO』の)セクスィー部長以来(笑)。

万全の意気込みで臨みたい。いろんなあだなをつけられているので、この番組で払拭したい。とにかくさわやかにできればいいなと思う」とあいさつ。


「『真田丸』『あさが来た』と、このところずっとNHKに入り浸っている」と話した木村は「とにかく半年間、架純ちゃんを全力で愛して守ろうと思う。

主人公が常にあこがれている、すてきなお母さんを精一杯演じたい」とコメント。

ヒロインの有村も「愛されているみね子がうらやましい。

でも愛されるばかりでなく、私自身もご一緒させていただくキャストさんを一生懸命愛せるように頑張りたい」と意気込みを語った。


音楽は、作曲・舞台音楽家の宮川彬良氏が担当することも発表された。


菓子浩チーフプロデューサーは、舞台となる茨城県内を取材した際、たくさんの農家の人たちに話を聞いて「“土とともに生きる”強さと誇りのようなものを感じました」と語り、「故郷編に登場するのは、そんな愛すべき人々です。

人生には良いことも悪いこともあり、笑ったり泣いたりしながら生きていくしかない。

それでも、家族・故郷・仕事への誇りや愛情を糧に、力強く歩んでいきます」とキャラクター像を紹介。


キャストについても「岡田惠和さんによって息を吹き込まれた個性豊かなキャラクターを演ずべく、素晴らしいキャストの方々にお集まりいただきました。

この皆さんに命を与えられ、登場人物のひとりひとりも、きっと日本一の輝きを放ち始めることでしょう」とコメントした。


同作は、東京オリンピックが開催された1964年から始まる物語。

茨城県北西部のある大家族の農家に生まれたのんびりしたヒロインが、東京に出稼ぎに行って行方不明になった父を捜すために上京することを決意し、自分の殻をひとつ破って『幸せな家族を取り戻す大冒険』に乗り出していく姿を描く。


脚本を担当するのは、2001年前期『ちゅらさん』、11年前期『おひさま』に続き、3回目の朝ドラとなる岡田惠和氏。放送は来年4月3日から9月30日で、全156回の予定。



新幹線効果は1年か?函館だけ? 北海道で開業半年の現状




北海道新幹線が開業してから26日で半年。乗客数は当初の想定を上回り、沿線の観光地はにぎわいを見せる。

政府の経済対策で新幹線の建設加速が打ち出され、「新幹線熱」は全国に広がる。

ただ、少子高齢化で人口が減るなか、巨額の投資に見合う経済効果を得るのは簡単ではない。


JR函館駅前の観光名所・函館朝市は、ホタテなど北海道の海産物が並び、シルバーウィークも観光客でにぎわった。

東京都の山口徹さん(25)は1泊旅行で訪れた。

「新幹線で来られるようになったので、乗って来てみたかった。食べ物が楽しみ」。

函館朝市協同組合連合会の井上敏広理事長は、開業前は1日平均約5千人だった来場客が「平均で2割くらい増えている」と手応え十分だ。


北海道の玄関口・函館の観光地は新幹線開業に沸く。

国の特別史跡・五稜郭を見下ろす「五稜郭タワー」の4~9月の客は前年より約4割増え、宿泊客の増加を見込んだ外資系ブランドホテルも初進出した。


沿線にも効果は及ぶ。「青森ねぶた祭」など東北6県の主要な夏祭りを訪れた客は、東日本大震災前の2010年以来、6年ぶりに1500万人を回復。


JR東日本の旅行商品「びゅう」で青函地域を訪れた首都圏からの客は前年の2倍、東北6県からは1・5倍となった。

JR東の担当者は「本州との行き来が活発になってきた」と語る。


東京―新函館北斗間は最短4時間2分で、鉄道が飛行機より優位とされる「4時間の壁」を破れていない。

だが、平均乗車率は8月まで毎月、年間の平均乗車率の見込みの26%を上回っている。


北陸新幹線には利用客を奪われ減便した全日本空輸は、羽田―函館便では現状の便数のままにした。

行きは新幹線、帰りは空路という観光客も多く、「相乗効果が出た」(全日空)。


一方、恩恵は函館にとどまる。函館大学の大橋美幸・准教授(社会学)が5~7月、新幹線などで函館市を訪れた道外からの客に行き先を尋ねると、約7割が「函館だけ」と答えた。


これまでに新幹線が開業した他の地域では、開業年の地元の観光客数は跳ね上がるが、2年目以降は鈍る傾向がある。

2011年に九州新幹線が全線開通した鹿児島県では、開業翌年は延べ宿泊者数の伸びが鈍り、北陸新幹線が開業した石川県も今年1~6月は昨年ほどの勢いはないようである。



【横浜・患者死亡】・・・警察にトラブル相談あった・・・横浜市にメールもあった 




横浜市神奈川区の大口病院に入院中の八巻信雄さん(88)が点滴に異物を混入されて殺害されたとされる事件で、約2カ月前に同病院に関するトラブルを訴えるメールが横浜市に届いていたことが24日、市への取材で分かった。

同様の相談が神奈川県警神奈川署の窓口にもあり、捜査本部が事件との関連について調べている。


横浜市によると、7月5日に健康福祉局監査課に「看護師のエプロンが切り裂かれた事案と患者のカルテが紛失した事案が発生した」というメールが届いた。

また、8月12日には「病棟で漂白剤らしきものが飲み物に混入し、それを飲んだ看護師の唇がただれた」というメールも届いた。


いずれも同一人物からのメールとみられ、監査課は医療安全課に転送。医療安全課は送信者とメールで連絡を取った上で、年1回、医療法に基づいて実施する9月2日の定期的な検査の際に病院に事実確認をした。

病院側がエプロンが切り裂かれたり飲み物に漂白剤が混入されたりしたトラブルがあったことを認めたため、口頭で注意を促し、再発の防止を求めた。


しかし、市はトラブルの日時や誰が関係したかという詳細な中身まで踏み込んで聞き取りをしていなかったという。

一連の対応について、市医療安全課は「適切に対応した。

ただし、事件が起きてしまったので、できるだけ速やかに臨時の立ち入り検査をすることも検討したい」とした。


捜査関係者によると、2通目のメールが市に届いた時期と前後して、今年8月に県警神奈川署の一般窓口にメールとは別の病院関係者から「病院の職員間で嫌がらせがある」という趣旨の相談が寄せられていた。

職員が飲んでいたペットボトルの飲料に異物が混入されるなどのトラブルを訴えたとみられる。


八巻さんの長男(56)は弁護士を通じ、「突然このような事態に巻き込まれて、心の中が混乱し、何も整理できていません。

今後は、警察の捜査の進展を待ちたいと思います」とのコメントを出した。



≪フィギアスケーター鈴木明子≫同級生と婚約中であること公表・「18年ぶりに再会して意気投合ゴールイン」




プロフィギュアスケーター、鈴木明子さん(31)が23日、東京・日本橋三越で行われた世界文化社創立70周年&「家庭画報」創刊700号記念のトークショーに出席した。

今年6月、愛知・豊橋市立花田小の同級生で、外資系企業の社員Aさん(31)との婚約を公表。Aさんは鈴木さんの母が営む居酒屋の常連で昨秋、その居酒屋で偶然、約18年ぶりに再会。意気投合し、デートを重ねてきた。

この日、左手薬指にAさんから贈られた婚約指輪を光らせながら登壇。

婚約についての話題になると「小学校の同級生です」と改めて報告。
続けて「18年ぶりに再会して、小学校のとき、どんな人だったかも全然覚えていなかったんです。

こういうこともあるんだなって。人生って分からないなと思います」と感慨深げ。

婚約して変ったことは?と聞かれると、「特にないですね」と笑顔。ウエディングドレスについては「あまり憧れがなかったんですよ(笑)。

白い衣装も着ていたし…全然イメージがなかった。これから考えます」とコメントした。


終了後の取材で、Aさんについて「見た目も中身もすごくやさしくて安心できます。

身長は1メートル75ぐらい」とニッコリ。現在同居はしておらず、挙式についても「未定です」とし、メドについても「その辺もゆっくり相談しながら…。焦ることもないと思っているので」と話していた。

また、卓球の福原愛選手(27)と台湾代表の江宏傑選手(27)が結婚会見した件には、「愛ちゃんが小さいときから頑張っているところをテレビで見ていて、幸せそうな姿で本当にうれしかったですね」と話した。


フリーエリア
検索フォーム
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

みーちゃん&たーちゃん

Author:みーちゃん&たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別  : 男性
血液型  : A型
職 業  : 会社員
出身地  : 栃木県

みーちゃん&た-ちゃんが、気になった情報をアップしていきます。
時事ネタ、政治・経済、芸能、スポーツ等々・・
暇つぶしに訪問していってネ!

☆宜しくお願いいます。(^_-)-☆

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク