都議選どうなる・・・小池新党、台風の目??他党議員ら次々吸収、政策は見えず・・・




東京都議選(7月2日投開票)まで3カ月を切り、各党の攻防が激しくなっている。

台風の目は、小池百合子都知事を中心とする地域政党「都民ファーストの会」。小池氏の圧倒的な人気を背景に、他党の議員らを次々に吸収し、単独過半数も視野に入れる。ただ具体的な政策はまだ見えず、どこまで伸びるかは不透明だ。

9999999.jpg


小池氏とのツーショットのポスターに、「都民ファースト」の文字が躍るのぼり。都民ファーストから立候補する予定の伊藤悠・前都議はその横で、平日の朝と夕、マイクを握る。

伊藤氏は民主党都議(目黒区)を2期務め、2013年に落選。今年になって民進党に離党を届け、都民ファーストに入った。「追い風を感じる」と言う。「『小池知事を応援しているから』と声をかけてくれる人が相当いる。チラシも受け取ってもらえるし、手応えは非常にいい」

いま、他党の地方議員らが都民ファーストに移る動きが加速している。民進では都議選の公認予定者36人中7人が離党届を出し、4人が都民ファーストから出馬する。伊藤氏もその一人だ。先月以降、現職の民進都議3人も離党を届け出た。

民進を支える連合東京も7日、都民ファーストとの連携を発表した。岡田啓会長は記者会見で小池都政について「様々なことがオープンで理解しやすい」と評価。

都議選では民進からの移籍者を推薦するほか、都民ファーストの独自候補の支援も検討する。民進が低迷するなか、都政への影響力を保つための異例の判断だ。

豊洲市場を巡る問題などで小池氏と対立する自民からも2月、都議2人が都民ファーストに移籍した。都民ファーストが公表済みの公認予定者25人中11人は、自民から移った都議や区市議らだ。

一方、公明も自民との蜜月に終止符を打ち、3月に都民ファーストとの選挙協力を決めた。「知事との距離をアピールして票の上積みを狙う」と公明幹部は話す。

都民ファーストの求心力を支える小池氏の人気は衰えを見せない。昨夏の知事選では得票率44%で圧勝。2月の千代田区長選では支援した現職が自民推薦の新顔をトリプルスコアで破った。

都内の有権者を対象に朝日新聞が今月実施した世論調査では、小池氏の支持率は74%に達している。



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

≪百条委員会 石原慎太郎≫ 「記憶にない」「ひらがなも忘れた」!首の後ろに「謎のシップ」…




豊洲市場の移転問題を検証する都議会の調査特別委員会(百条委員会)が20日開かれ、石原慎太郎元都知事(84)が証人として出席した。

東京ガスとの用地売買交渉が始まった当時から移転が決まるまでのトップだった石原氏の発言に注目が集まったが、決裁責任を認めた以外に関しては「部下に一任していて分からない」と今月3日の会見での説明の繰り返し。

石原氏の要望により質疑の時間も大幅に短縮されたことで、真相究明には及ばなかった。

isihara.jpg


予算案などで議論を戦わせてきた“古巣”への約4年半ぶりの帰還。首の後ろに「謎のシップ」を貼った石原氏が冒頭、いきなり「らしさ」を見せつけた。

自らの職業を聞かれ「作家であります」と答えると「私事ですが、脳梗塞のために、記憶を埋蔵している箱がうまく開かない。ひらがなも忘れてしまいまして。記憶が出て来ないところがあることをご容赦いただければ」。その後の答弁の内容に予防線を張るかのような発言に、場内には不穏な空気が流れた。

百条委員会側は当初、3時間程度の質疑を希望したが、石原氏側が体調不良を理由に短縮を希望。

結局、途中休憩を挟んで約1時間半となった。都議会の保有議席数に応じて割り振られる質疑時間は最長の自民党でも21分、小池百合子都知事(64)が事実上率いる「都民ファーストの会」は、わずか5分。

さらに、答弁席に椅子を用意して座ったまま答弁をすることや写真撮影が冒頭の数分間のみとすることが認められ、会場には医師が待機するなど、石原氏の高齢を考慮しても異例尽くしとなった。

しかし、肝心の答弁内容は、3日の会見から何の進展もなかった。

豊洲移転について「最終的な判断をしたのは自分」と認めたものの、都の既定路線だったことを強調。

土壌汚染対策費が都の負担となった経緯については「記憶にない」、東京ガスとの交渉内容については「部下に一任していた。何も報告は受けていない」と従来の主張通りだった。

時間短縮によって質問者も攻めあぐね、元都幹部の証言とこれまでの主張の食い違いも解消されなかった。

「のれんに腕押し」のやり取りに、一般傍聴席の方がヒートアップ。

開始から約30分後、昨年の都知事選にも出馬した実業家のマック赤坂氏(68)が「不規則発言」で退場させられ、後半も別の男性が「石原、恥を知れ!」と捨てぜりふを残して退場した。

自宅を出る際、「天気晴朗なれど波高し」と日露戦争の日本海海戦に挑む旧日本海軍の電文に例えて心境を披露していた当の石原氏は、帰宅時も「言いたいことは言えましたか?」との問いかけに「言えましたよ」とやり切った表情を見せた。



テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

≪アメリカ トランプ大統領誕生!≫ なぜ彼は日本をそれほど叩くのか・・・今後の日本への影響は如何に・・・




アメリカの次期大統領に、共和党のドナルド・トランプ氏が当選した。トランプ氏が大統領になれば、日本にとっても少なからず影響が出てくるのは避けられない。

特に日本に対する言動は、辛辣を極める。今後、我々はどのような対応を求められるのだろうか。『ポピュリズム化する世界』(プレジデント社刊)から、一部を抜粋してお届けする。

torannpudaitouryousenn.jpg

■トランプが日本を叩く背景とは

トランプの演説に顕著だったのは、標的を定めて攻撃する態度である。これは、世界のポピュリストに共通する傾向だ。

メキシコからの不法移民は、標的の筆頭である。「国境に壁をつくる」は、彼の公約ナンバーワンだ。ホームページでも、最初に掲げた政策が「壁の費用をメキシコに払わせる」である。

トランプは演説で、メキシコの政治家を順番にやり玉に挙げ、挑発する。反論を引き出し、さらに批判する。緊張を高めることを楽しんでさえいる節がある。

そうすることで、トランプは常に「戦う男」になれる。敵を持つことは、味方を結束させる最大の要素である。彼は、あえて敵をつくることで、自らの支持を固めようとしていると考えられる。

この場合、「壁」は必ずしも物理的な「壁」ではない。確かに、彼は「壁」の建設を打ち上げ、その費用をメキシコに払わせると言っている。しかし、彼が言う「壁」はむしろ、ヴァーチャルな壁、心の中の壁だと読み解くこともできる。

意識の壁を境にすれば、すべてを「我々」と「彼ら」に分断することが可能になる。これは、世界を敵味方に分けるポピュリストの常道手段なのである。

それに、心の壁なら、いざ政権を取って現実的に建設が不可能だとわかった時にも「あれは単なるたとえだった」と逃げることも可能だ。

トランプの主張は、現実とは全く相いれません。メキシコとの壁だの、中国に対して保護貿易の方針を採るなど、トランプの言うことを本当に実行したら、輸出に大きく依存している米国経済は危機に陥ります。

雇用なんか、増えるどころか、なくなってしまいますよ。ただ、政治的には非現実でも、心理的には印象深い。だから、人気が出るのです。英国の国民投票で、欧州連合(EU)からの離脱派が『移民がいなくなれば、英国人の雇用が増える』と言いふらしたのと同じ構造です。

ダラスのサザンメソジスト大学(SMU)タワーセンター政治学研究所長ジェームズ・ホリフィールドはこう説明する。ホリフィールドは移民研究の権威で、人の移動が国の経済に及ぼす影響などを分析している。

トランプの発言は実際の政策提言でなく、単に攻撃相手を創出する方便だと考えるべきだろう。


■なぜコマツを攻撃するのか

メキシコに限らず、彼は敵をあちこちにつくる。日本もそのうちの一つである。貿易赤字の元凶として、トランプが中国やインドとともに日本を批判しているのは、この演説で見た通りである。

他の場所でも、トランプはしばしば日本を引き合いに出す。特に、頻繁にやり玉に挙げているのが建設機械最大手のコマツ(小松製作所)である。

彼は、2016年1月にサウスカロライナ州ノースチャールストンで開かれた共和の討論会で、米建設機械最大手キャタピラーを擁護しつつ突然コマツ批判を展開し、周囲を困惑させた。

キャタピラーのトラクターを見てみろ。キャタピラーと、日本のトラクター会社コマツとの間で、何が起きているか。私の友人はコマツのトラクターを注文した。すごい円安が進んでいて、キャタピラーのトラクターは買えないんだ。

トランプは以後も、同じ趣旨の発言を繰り返した。これについては、米『ウォールストリート・ジャーナル』が「確かに円安は日本の輸出の助けとなっているが、日銀の金融緩和政策は内需拡大とインフレ目標実現のためで、輸出促進のためではない。

それに、コマツは米国内で何千もの雇用を創出している」と批判するなど、論理の乱暴さがあちこちで指摘されている。「コマツは日本、キャタピラーは米国」という発想自体が時代がかっているのである。

ただ、ここでトランプが必要としているのは、実態のある「日本」ではない。記号としての「日本」なのだ。日本が実際にどんな国で何をしていようが、関係ないのである。

攻撃対象としての「日本」というイメージこそが彼にとって重要なのだ。

彼が日本を標的にし始めたのは、かなり以前にさかのぼる。

1987年9月、彼は『ニューヨーク・タイムズ』『ワシントン・ポスト』『ボストン・グローブ』の米有力三紙に、「ドナルド・J・トランプからの公開書簡」の形式を取った全面意見広告を出した。トランプは、このために9万8000ドルあまりを支払ったと伝えられる。

ここで彼は、日本に対して容赦ない批判を浴びせかけた。何十年にもわたって、日本や他の国々は米国を利用してきた。

私たちはペルシャ湾防衛の苦労もずっと続けてきた。米国にとって原油供給面で大して重要でもない地域であり、むしろ日本や他の国々にとって死活的な地域であるのに。

米国が彼らのために失った人命や何百万ドルを、彼らはどうして支払おうとしないのか。世界中が、米国の政治家たちをあざ笑っている。

自分のものでもない船が、私たちに必要のない原油を運び、手助けをしようともしない同盟国に向かっているのを、守っているからだ。

トランプはこの頃、1988年の大統領選への立候補を模索していたと言われる。意見広告は、その準備の一環だったのかもしれない。

沖縄県の基地問題など何もわかっていない米国の一部では、日本に対する「安保ただ乗り論」が根強い。そのような層に訴えかけようとした言説である。

■人種差別的偏見が背後にあるのか

しかし、日本のような同盟国すべてを彼が批判するわけではない。たとえば、イスラエルは米国と事実上の同盟関係にあるが、彼は声を荒らげない。長年の仮想敵であるロシアとその大統領プーチンにも、極めて好意的だ。

これらの国々と、日本、中国、インド、ベトナムとは、何が違うのか。そこに人種差別を見るのは、私だけではあるまい。

トランプは、米国人の多くが潜在的に持つ人種的な優越感に訴えようとしているのでないか。さらに、彼自身が人種差別的偏見を抱いていないだろうか。




≪自民党総裁任期延長≫ 「ポスト安倍」・・・戦略の再構築は必至の状況である。




自民党総裁任期が「連続3期9年」となり、「ポスト安倍」候補は2018年の次期総裁選で、安倍晋三首相と戦わなければ総裁の座を手にできない可能性が高まった。

石破茂前地方創生担当相や岸田文雄外相らは、「安倍首相退任後」の18年総裁選を念頭に雌伏を続けてきたが、政権を狙う戦略を練り直す必要が出てきた。


石破氏は26日、記者団に「形式的に瑕疵(かし)がない以上、異は唱えるつもりはない」と述べて延長への批判は抑えた。

岸田派の森屋宏参院議員も「党活性化には『次の人』たちのチャンスを奪ってはいけない。

3期9年がリミットと思う」と記者団に語り、延長に消極的な姿勢をにじませた。


延長を決めた26日の党会合に出席した衆参議員は56人だけ。

石破、岸田両氏や昨年の総裁選で出馬を断念した野田聖子元総務会長、延長に慎重姿勢を示した小泉進次郎農林部会長ら、ポスト安倍候補は姿を見せなかった。


「沈黙」の背景には、現職首相に弓を引くことのリスクがある。

閣僚・党役員の人事権を持つ現職首相が総裁選に臨めば勝利するケースが多く、敗北した前例は1978年の福田赳夫首相だけ。

99年には、小渕恵三首相に敗北した加藤紘一元幹事長がその後の人事で徹底して冷遇された。


岸田派内では「岸田氏は幹事長などの役職で全国を回り顔を売るべきだ」との声も根強い。

ただ、岸田氏は外相として首相を支え、「禅譲」を念頭に政権を目指してきた。

安倍首相と戦う可能性のある18年総裁選での去就は悩ましい。

「現政権が経済でこけたら、一挙に状況が変わるかも」(派閥幹部)と他人任せの声まで出る。


石破派の一人は「次は安倍対石破だ」と語るが、12年総裁選の地方票で安倍首相を圧倒した石破氏が、実績を積んだ安倍首相を相手に次も圧倒できる保障はない。


また、安倍首相が21年9月まで続投すれば、石破、岸田両氏が60歳を超える一方、小泉氏が40歳となり、世代交代の動きが活発化しそうだ。



保守分裂「小池氏vs.増田氏」共同会見で静かな火花     宇都宮氏は出馬を撤回


 14日の東京都知事選の告示を前に、有力候補者4人を招いての「東京都知事選候補者・共同記者会見」が13日、東京・千代田区の日本記者クラブで開かれた。「保守分裂」選挙となる自民の小池百合子・元防衛相、増田寛也・元総務相(自民・公明推薦)の両候補は討論を通して静かな火花を散らせ、野党4党統一候補として出馬するジャーナリスト鳥越俊太郎氏は自らの体験をもとに公約として「がん検診100%」を掲げた。前回選挙で共産・社民の推薦を受けた宇都宮健児・元日弁連会長は「現段階」では出馬の意思に変わりはないとしたものの、会見終了後に出馬取りやめの方針を明らかにした。

 

保守分裂「小池氏vs.増田氏」共同会見で静かな火花 宇都宮氏は出馬を撤回


【写真】「後出し」「分裂選挙」都知事選の歴史を振り返る

「冒頭解散」発言をめぐり応酬

「気になるのは都議会の冒頭解散という主張です。自民党都連とか、それを都議会のボスが支配しているというのは自民党会派の中というか都連の中のことだと思うんです。知事と都議会という二元代表制のもとで、いきなり解散という形で議論を提起していくと、ただでさえ遅滞している都政の課題がさらに遅れ、停滞と混乱がさらに継続してしまう」

 主催者側による4候補への個別質問に続いて、各候補が他の3候補のうち1人を指名して質問するという形式に移った際、増田氏は「保守分裂」の相手候補の小池氏を指名。小池氏の公約である「冒頭解散」に疑問を投げかけ、「きちんとした議会との対話、緊張感のある議論を議場を中心にやっていくべきではないか」と主張した。

 これに対し小池氏は「都知事選において都議会との関係がこれほどクローズアップされたことはなかったのではないか」と切り出し、「その意味では言葉足らずの部分はあったかもしれませんが、冒頭解散というのは大変ショックな(選挙戦の)スタートになったかと思います」と述べた。

 続けて小池氏は自民党都連に批判の矢を向け、こう訴えた。

「都連の一員になってからさまざまな決定が、結果が出た後に知らされるということが多かったし、私は都連の会長代理ですが重要な会議に呼ばれないこともしばしばでした。そうしたデュープロセスの不透明さは何度も指摘してきました。そこと喧嘩してどうするんだということですが、(都連が推薦した)猪瀬氏、舛添氏の相次ぐ途中辞任はまた何かのきっかけで起こる可能性は十分にあると思います。ここ(都連)に的を当てて考えないと同じ事を繰り返すことになる。声は上げないけれども同じ考えを持っている人はほかにもいるはずです」

「なぜ、私ではなかったのか?」

 小池氏は自らが質問側になった際には増田氏を指名し、保守候補の「直接対決」の様相に。「前回の知事選挙では自民党を除名されたのに世論調査の支持率が高いという理由から、(都連は)舛添氏を推薦した。現職の国会議員が出馬したら補欠選挙をしなければならないのでダメということだった」と振り返った後、増田氏に「私は除名されていない現職議員として今回の知事選に手を挙げたのに、どうして(都連の推薦は)私ではなかったんでしょうか」と問いかけた。

 増田氏は戸惑いの表情を浮かべながらも「自民党側の事情は十分承知してはいませんが、私が出馬を表明したのは区市町村長との対話を積み上げ、その上で山積する都政の課題を円滑に遂行していこうと考えたから」とし、「小池先生の冒頭解散というのは都議から職を奪ってしまうことになります。お叱りいただくかもしれませんが、やられていることは『劇場型』のような感じがいたします。そういうところが皆様方の判断につながったのではないか」と答えた後、詫びるかのように深々と頭を下げた。

 小池氏は司会者に制止されながらも即座に「一つだけ言っておきますが、区市町村のいろんなイベントは都連が準備したものですよ」と言い返した。

鳥越氏は「がん検診100%」公約に

 一方、野党側の2人のうち宇都宮氏は12日夜、鳥越氏と会談した後に出馬辞退に含みを持たせる発言をしたものの、この日の会見では辞任の可能性を否定。「昨日も現在も、鳥越さんはこれから政策を作成するということで、(昨晩は)出馬の思いはうかがいましたが、政策は明確なものがありませんでした。基本的に出馬の意思は変わりません。鳥越さんを支持する野党4党に政策協定があるのかも不透明」と語っていたが、13日夜になって野党候補の一本化を目指す動きに同意し、出馬撤回を決意したとみられる。

 一部では「究極の後出しじゃんけん」と評されながらも抜群の知名度を誇る4野党統一候補の鳥越氏は会見の冒頭、「がん検診100%」と手書きしたボードを示し、「日本では2分の1の人ががんにかかり、3分の1の人ががんで亡くなっています。この状況を少しでも改善するため現在は30%の受診率をせめて50%に、最終的には100%に高めたい」と訴えた。

 他の候補を選んで質問する場面では、自公の推薦を得た増田氏を指名。同氏が総務相時代に行った、都税収入を地方交付税として配分する政策に疑問を呈した。

(フリー記者・本間誠也)

 

フリーエリア
検索フォーム
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

みーちゃん&たーちゃん

Author:みーちゃん&たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別  : 男性
血液型  : A型
職 業  : 会社員
出身地  : 栃木県

みーちゃん&た-ちゃんが、気になった情報をアップしていきます。
時事ネタ、政治・経済、芸能、スポーツ等々・・
暇つぶしに訪問していってネ!

☆宜しくお願いいます。(^_-)-☆

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク